オフィスのデザインを工夫することで変わる印象

オフィス デザイン

数十年前まではオフィスといえば一般的にデスクや椅子、パソコンや資料棚など、企業活動を行ううえで必要なもののみが置いてあるだけの無機質な空間であることがほとんどでした。しかしここ最近オフィスの空間デザインが見直され始めています。実は同じ仕事をする場合であってもオフィスの空間デザインを工夫するだけで、働く人にとって働きやすい環境となり、作業の効率も高まりやすくなるのです。また人とのコミュニケーションをとりやすくなり、さらには働くうえでのストレスをも軽減することができ、職場環境の改善にもつながるとされています。こうした作業効率の改善やコミュニケーションの容易さは、企業の運営においても良い方向性へと進んでいくため単なるオフィスデザインと軽視せずに、企業全体で取り組んでいく必要があります。

オフィスのデザインを工夫して環境を改善する裏技とは

オフィスの空間デザインと聞くと、大企業が有名な空間デザイナーにデザインを依頼して作るようなイメージを持つ人も多いですが、オフィスのデザインは少し工夫するだけでも働きやすい環境を作ることができるのです。例えば以前からデスクを配置する場合は部署ごとに向かい合った島型の対向式レイアウトが一般的でした。しかし最近ではそれぞれの席を固定せずにその日の仕事の内容などによって自由に席を選択することができるという制度を取り入れる企業も増えています。こうすることで部署内はもちろんのこと部署外の人ともコミュニケーションがとりやすくなり、企業の生産性の向上にもつながるといわれています。こうした席の自由化は差ほど予算を組まなくても取り入れやすく、コミュニケーションの向上につなげられる技であるため実践してみるとよいでしょう。

社外からも好印象をうむオフィスデザインとは

オフィスの空間デザインは働く内部の人にとっても働きやすさを左右する重要なものですが、社外の人から見ても、印象の良し悪しを左右するものです。オフィスを訪れた人から好印象を持たれることは企業のイメージアップにつなげることもでき、敷いては企業の運営にも左右する可能性もあるのです。社外の人にも好印象をもたらすデザインを作るための裏技として最も取り入れやすいのがオフィスの床を変更することです。床をこれまで一般的だったグレー色から変更し明るい色を取り入れたり、素材もタイルやフローリングなどを取り入れたりすることで印象を変えることができます。また配線などをすっきりさせることや観葉植物を置くなど、一見単純なことでも好印象をもたらしやすいため簡単なことから取り入れていくとよいでしょう。

お電話での問い合わせは平日・9:00~18:00【0120-676-260】までご連絡ください。 我が会社は、オフィスデザインやオフィス内装をデザインから工事までやり、皆様にお求め易いお値段で手を打ちます。 当社の実績とは、事務所やオフイスのデザインや内装、各種設備工事を通して明るく働きやすい環境作りをしている事です。 オフィスのデザインはFRONTIER CONSULTINGへ