どのようなオフィスにしたいかを基にしたデザイン案を提案します

オフィス デザイン

オフィスの環境を改善すると業績が上がってくることが数多く証明されてきています。働く人々のパフォーマンスを最大限に生むような仕掛けをオフィスにすることで、業績アップだけでなく、企業理念や経営姿勢を理解してもらいやすくする為の経営戦略の一つになります。オフィス環境が変わると、社員のモチベーションが高まりますし、オフィス空間の中にコミュニケーションを偶発的に引き起こすような仕掛けをすることで、ナレッジワークが浸透し、付加価値のある提案、新しいサービスを生み出すことにつながります。さらに働き方改革と平行して、オフィスのフリーアドレス化も進んでおり、在宅勤務やグループワークに対応したオフィスの在り方も取り入れたいアイディアの一つです。デザインの提案としては、まず社員が食事をとったり、休憩するようなリフレッシュスペースに手を加えた例を紹介します。

キッチンを兼ね備えたリフレッシュルーム

社員の休憩や昼食をとる場所としてのリフレッシュルームに大胆にアイランドキッチンを置き、電子レンジやコーヒーマシーンなどの簡単な道具だけじゃなく、調理道具すべてが常備されている会社では、お弁当やコンビニ食を温めたりするだけではなく、簡単な食事を作る社員や、食事の時間以外でも談話や打ち合わせに使われるようになり、コミュニケーションが盛んに行われることによって社内の雰囲気が明るく開放的になった事例があります。情報交換が頻度に手軽に行われる雰囲気から、離職率も減りますし、コミュニケーション不足からありがちなミスが減ります。開放的なオフィスから生まれる自然なコミュニケーションから、精神疾患に至る社員が激減しました。人間関係が良好になり、業績がアップします。こういった事例でオフィス空間のデザインが大切なことが伝わってきます。

オフィスの在り方にも流行りがあります

時代の流れと共に、オフィスの在り方にも流行り廃りがあります。現在の流れとしては、オフィスだけどオフィスっぽくない場所が求められている傾向にあります。仕事がしやすく、コミュニケーションがとりやすいそんな機能デザインを持ち合わせた職場が求められているのです。例えば、フリースペースとして、仕事だけでなく、打ち合わせ、来客時の応対にも使えるような多目的な空間を広くオシャレに取り入れる例が増えています。トレンドとしては、エントランスに近くにフリースペースを取り入れたり、もしくはこのフリースペース自体を大きなエントランスホールとして位置させ、お客様を迎え入れるような形態にしたりして利用されます。企業によってはこのフリースペースに大きなプロジェクターやモニターを設置し、セミナースペースと兼ねて使用したりもできたりします。